2014年06月29日

全身性エリテマトーデスとは?(1)

●全身性エリテマトーデス

(播種性紅斑性狼瘡)


全身性エリテマトーデス(SLE)は,慢性,多臓器性,自己免疫性病因の可能性の高い炎症性疾患であり,主に若い女性に発病する。

一般によくある徴候は,関節痛および関節炎;頬部およびその他の皮膚発疹;胸膜炎または心膜炎;腎障害または中枢神経系障害;血液学的な血球減少などである。

診断には,臨床的および血清学的な判定基準が必要である。

重症の進行中の活動性疾患の治療には,コルチコステロイドが必要であり,しばしばヒドロキシクロロキン,ときに免疫抑制薬を必要とする。



全症例の70〜90%は女性(通常は妊娠可能年齢)である。

SLEは白人より黒人により多くみられる。

SLEは,新生児を含むあらゆる年齢の人に発病しうる。

軽症型のSLEについての認識が高まったことで,世界的に報告される症例が増加している。

いくつかの国では,SLEの有病率はRAと匹敵するほどである。

SLEは,遺伝的素因のある人に自己免疫反応を引き起こす未知の環境刺激によって,おそらく誘発される。

薬物(例,ヒドララジン,プロカインアミド)によっては,狼瘡様症候群を引き起こす。


posted by ホーライ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己免疫疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。