2014年03月16日

ツベルクリン反応検査とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■治験担当モニターとCRCに必要な基礎医学知識、薬学の試験問題、カルテ用語 (258)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1.次の文章のかっこに入るのは?

ツベルクリン反応検査は(     )感染の有無を調べる検査である。

A=狂犬病
B=インフルエンザ
C=結核








=================
   正解
=================

C=結核






問題2.次の文章のかっこに入るのは?

結核の予防には(     )が用いられる。


A=生ワクチン投与
B=BCG接種
C=抗結核剤投与









=================
   正解
=================

B=BCG接種






問題3.次の文章は正しいか?

結核は肺に特有の疾病で、肺以外には感染しない。

(A)正しい  (B)間違い









=================
   正解
=================

(B)間違い

肺以外にも次の部位に感染することがある。
・リンパ節
・骨・間接
・性器





問題4.次の文章のかっこに入るのは何?

結核の治療剤としてはリファンピシン、イソニアジド、
(    )などがある。

A=シスプラチン
B=ペンタゾシン
C=ストレプトマイシン








=================
   正解
=================

C=ストレプトマイシン

*シスプラチンは抗がん剤
*ペンタゾシンは非麻薬性鎮痛剤



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391581426

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。