2013年07月21日

塩酸プラゾシンとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■治験担当モニターとCRCに必要な基礎医学知識、薬学の試験問題、カルテ用語 (222)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1.次の文章で適切な選択肢を選ぶとともにかっこを埋めよ。

交感神経系のアルファ1受容体を(1.活性化  2.遮断 )して、
末梢の血管を拡張させる薬もある。
       
この系統の薬は心臓、脳、腎臓などに血流が(1.保たれる、
2.減少する)ため、高齢者が有している合併症の治療にも役立
つため、第一選択薬として指名されることが多い。

ただし、副作用として(               )を生
じやすいので注意が必要である。
        
市販薬としては塩酸プラゾシン(商品名:          )、
塩酸ブナゾシン(商品名:          )等がある。






=================
 問題1の正解
=================

交感神経系のアルファ1受容体を( 2.遮断 )して、
末梢の血管を拡張させる薬もある。
       
この系統の薬は心臓、脳、腎臓などに血流が( 1.保たれる )ため、
高齢者が有している合併症の治療にも役立つため、第一選択薬として指
名されることが多い。
        
ただし、副作用として( 起立性低血圧症 )を生じやすいので注意が
必要である。
        
市販薬としては塩酸プラゾシン( 商品名: ミニプレス )、
塩酸ブナゾシン( デタントール )等がある。







問題2.正しい選択肢は?

高脂血症の治療において動脈硬化との関連で(1.HDL 2.LDL)
コレステロール値が大切となる。







=================
 問題2の正解
=================

2.LDL







問題3.次の文章のかっこを埋めよ。

高脂血症の薬はその働きにより(      )を
低下させる薬と(     )を低下させる薬に区分される。







=================
 問題3の正解
=================

高脂血症の薬はその働きにより( コレステロール )を
低下させる薬と( 中性脂肪 )を低下させる薬に区分される。



●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。