2013年02月04日

アプリンジンとは?

■5.カルテ用語

acidosis「酸血症、酸毒症、アシドーシス」


■6.臨床検査

アプリンジン

アプリンジンは頻脈性不整脈に有効な抗不整脈剤で心室性だけではなく,心房性不整脈にも効果がある。


■7.基礎生理学的知識

吸収

細胞が細胞膜を通して外部の物質を細胞内に取り入れること。

2013年02月03日

バセドウ病(グレーブス病)とは?

Q1.次の文章中は正しいか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バセドウ病(グレーブス病)は甲状腺機能の亢進によって引き起こされる。

(1)YES (2)NO








Answer~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)YES

バセドウ病(グレーブス病)では甲状腺機能の亢進によって頻脈、発汗多過、体重減少などが起こる。






Q2.次の文章中は正しいか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バセドウ病(グレーブス病)は男性よりも女性のほうが多い

(1)YES (2)NO








Answer~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)YES

ちなみにバセドウ病(グレーブス病)は自己免疫疾患。

2013年02月01日

「アデノウイルス」とは?

■5.カルテ用語

absence「1.不在、欠席; 2.欠如; 3.放心、意識喪失」



■6.臨床検査

アデノウイルス

ヒトアデノウイルスは飛沫感染により伝播し,主な増殖部位は扁桃,アデノイドなどと,気道,小腸,角結膜などの粘膜上皮で,感染によって,限局性の急性疾患を起こし,リンパ組織において

は不顕性の潜伏感染を起こす。



■7.基礎生理学的知識

嗅覚

気体の状態の化学物質を受容したときに生ずる化学感覚のことで、臭覚ともいう。

嗅覚は視覚、聴覚と同様に遠く離れた刺激源から到達する刺激を感ずる遠隔感覚で、接触感覚の一種である味覚に比べると刺激の閾値感は一般に低い。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。